次回の予定
過去の公演
配信チケット
購入方法
貸し小屋規定
レンタルホール
フライヤー
協力
商工会議所
桜座cafe
Twitter
YouTube
Facebook
Facebookロゴ Twitterアイコン LINEロゴ instagramロゴ Youtubeアイコン
ご予約、ご連絡、など
メールはこちら

電話アイコンTEL 055-233-2031 甲府桜座
当会場はカフェスペースとホールスペースの二会場あり
来場者数によっては会場を
変更する場合がございます
来場者様は可能な限りご予約をして頂けると助かります

交通情報 <現在>
電車移動→ 中央線
バス&車移動→ 中央道全線状況
過去にメールマガジンを受信していた方へ
サーバー更新の関係により、メルマガへの再登録をお願い致します
■メールマガジン発行しております、ご希望の方は下記より登録して下さい。
お名前 メールアドレス

桜座TV
前月のLIVE動画と近々予定をご紹介!毎月初め頃にライブ配信しています! 
●次回のYoutube配信は2/29予定です
※変更になる場合があります
Tigetでの有料ライブ配信はコチラ
ツイキャスでの有料ライブ配信はコチラ

↓近々の公演予定↓



大森靖子アルティメット自由字架ツアー 2024
大森靖子
4月14日(日)

開場16:15
開演17:00
一般チケット 5,000円
学割チケット 3,000円(要学生証)

https://eplus.jp/oomoriseiko24-hp/
(全自由/整理番号付/税込/ドリンク代500円別)

大森靖子(Vo G)



お問合せ
HOT STUFF PROMOTION<br>
050-5211-6077
055-233-2031 桜座
未就学児童入場不可

豊田勇造 SOLO LIVE
4月16日(火)

開場18:30
開演19:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

豊田勇造(シンガーソングライター)

OA:松田文昭グループ



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

『和の饗宴』
4月20日(土)

開場17:30
開演18:00
前売4,500円
当日5,000円
別途Drink500円

出演
花柳歌七郎(日舞)
ホッピー神山(ピアノ、エレクトロ)
石多未知行(プロジェクション演出)
ゲスト:八丈太鼓



ホッピー神山 1978年、プロデビュー。
1983年「PINK」に参加、80年代を代表する音楽プロデューサー、 キーボーディストとしての評判を確立。
90年代初頭には東京の art-noise-punk-funk-alternative シーンを引っ張る重要な人物となる。
1990年、1991年に東芝EMIよりソロ・アルバム 「音楽王・1」「音楽王・2」をリリース。
1993年、自ら「GOD MOUNTAIN」レーベルを立ち上げ、
1994年宮本亜門のミュージカル 「サイケデリック歌舞伎・月食」の音楽を担当。
1995年にはアンビエントレーベル「GOD OCEAN」をも立ち上げる。
1999年には、フランスのレーベルSONOREより 室内楽を中心としたアルバム「Juice&Tremolo」を発表。
再び2003年、God Mountainをリニューアル、リリースを再開。
2005年、ソロCD+DVD『意味のないものは、意味がある』を発表。
2006年、伝説のブリティッシュバンド、ソフトマシーン との合体バンド『ソフトマウンテン』CDをリリース。
一方、プロデューサー*アレンジャーとしては、 国内では小泉今日子、氷室京介、センチメンタル・バス、Chara、Judy and Maryなど 2000曲を越えるアレンジ&プロデュースの仕事を手掛け、 TVCMでも2004年のトヨタ・カローラフィルダ− 『明日はどこへいこう』など多数のヒットCM音楽を手掛けている。 レーベルを主宰し、世界中のネットワークを築き上げ、多数のバンドにボーダレスなパフォーマーとして参加している。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

桜座JAM SESSION#93
4月24日(水)

開場18:00
開演18:30
前売1,500円
当日2,000円
別途Drink500円
<参加自由ノンジャンル

古谷 淳(Piano)
龍野充(g)
JUNKO(b)
大山勲(ds)



日本だけならず世界各地、そして各方面からユニークなアーティストがライヴやパフォーマンスのため訪れる甲府中心街の桜座で4月からジャムセッションが催されることになりました!対応ジャンルはロック、ポップス、ジャズやファンク、ヒップホップを始めとするブラックミュージック全般、ブルースなどなど。楽器が弾ける方なら誰でも参加可能の愉快なセッションになっております。楽器を始めたばかりの方やセッション初心者の方でもホストバンドがしっかりサポートしますので安心です。もちろん観戦のみの方も大歓迎!様々な情報交換や交流、出会いの場、
そして単純にエンターテイメントとして楽しめる空間にしていこうと思いますので皆様お楽しみに。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

4月26日(金)〜27日(土)
国際古楽コンクール2024

スガダイロ2Days
山下洋輔 スガダイロ-DUO
4月28日(日)

開場17:30
開演18:00
前売6500円
当日7000円
別途Drink500円

山下洋輔(Piano)
スガダイロ-(Piano)



洗足学園音楽大学の講師と教え子の関係、遠慮や馴れ合いなどいっさい真剣勝負
スガダイロ-SOLO
4月29日(祝)

開場17:30
開演18:00
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円
スガダイロ-(Piano)



スガダイロ- ピアニスト。1974年生まれ鎌倉育ち。
洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、卒業後は米バークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、坂田明や森山威男、小山彰太、田中泯とも共演を重ねる。
2008年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル・二階堂和美 3曲参加)を発表。2010年には山下洋輔とのデュオライブが実現。自己のトリオ(東保光 b、服部マサツグ ds)での活動のほか、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、七尾旅人、中村達也(LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)、志人(降神、TriuneGods)、灰野敬二、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOW、吉田達也(ルインズ、是巨人、ZENI GEVA)らと即興対決を行う。
2011年に『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たし、2012年には初のソロ・ピアノ作品『春風』、志人との共作アルバム『詩種』、2013年自己のトリオにて「刃文」、2014年「山下洋輔×スガダイロー」をvelvetsun productsよりリリース。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

TERRY RILEY live at Chakra座
Vol. 03 & 04
5月3日(祝)4日(祝)

開場14:00
開演15:00
前売6,500円
当日7,000円
優先入場・2日通し券 11,000円
ご入場時別途Drink500円必要

詳細は近々



プロフィール
テリー・ライリー / Terry Riley
作曲家・音楽家。1935年6月24日。カリフォルニア生まれの88歳。昔も今も、そして未来も、常に新しく、独創性に溢れる音楽を作り続ける音楽界の大巨匠。初期の名盤『in C』(1964年)はミニマル・ミュージックの金字塔として輝き続け、『A Rainbow in Curved Air』(1969年)はサイケデリックを代表する不朽の名盤となり、その後登場するアンビエント・ミュージックにも大きな影響を与えている。また、レイヴ・パーティーの原型となった「All-Night Concert」の開催、インド音楽から影響を受けた彼の作品はサンプリング/ループの原型となってクラブ・カルチャーにまで影響を及ぼすなど、1960年代から行なってきた革新的な音楽活動は、ジャンルを超え、今なお世界の音楽シーンの礎であり、未来を照らす光となっている。
横尾忠則、久石譲、ジム・ジャームッシュ等、大ファンを公言している表現者は数多い。
2020年より山梨県在住。鎌倉で月一度、ラーガ教室「Kirana East」も行っている。
オフィシャル X(旧Twitter)

テリー・ライリー公式メール
055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

2台Piano Tango Concert
小林萌里 淡路七穂子Piano DUO
5月11日(土)

開場 14:30
開演 15:00
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円

小林萌里(Piano)
淡路七穂子(Piano)




055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

Diamond ShakeTour 2024
ロックンロール黄金狂時代
Diamond Shake
5月12日(日)

開場17:00
開演17:30
前売 6,500円
当日7,000円
別途Drink500円
2月3日(土)発売開始

Diamond Shake
タ゛イアモント゛ ユカイ(Vo)
木暮”shake”武彦(G,Vo)


Diamond Shake
ダイアモンド シェイク
日本の音楽シーンを代表してきた、ウ゛ォーカルのタ゛イアモント゛ ユカイとキ゛ターのshakeは西武球場・武道館公演と勢力的に活動をやってきたか゛時代は流れ今のロックは2人か゛求めているロックとは違うと思い始めた。ラシ゛オから流れてくる曲にワクワクした青春時代を思い出す大人達と、ありとあらゆるものか゛溢れている中にいる若者、異なる音楽観を持つ世代をまたき゛、1周回って、いや 2周回って新しい、類い稀なロックオーラを持つ2人か゛繰り広け゛る、古くて新しいロックンロールの世界か゛存分に味わえるオンラインサロンを開設し、ロックンロールの再生をテーマに Diamond Shakeか゛動き出す。

ダイアモンド☆ユカイ(ヴォーカル)
1986年ロックバンド「RED WARRIORS」のウ゛ォーカルでメジャーデビュー。
人気絶頂の1989年、わずか3年の活動で解散。その後1990年にダイアモンドユカイとしてソロ活動を開始。同年「I’M THE BEST -世界の女は俺のもの-」、1991年「ピエロの囁き」、1992年「SHADOW BROWN & BLACK PIRATES」と立て続けに発表し、2022年にはソロデビュー30周年記念として三部作作品、『YUKAI BOX』を発表。舞台では、「ミスサイゴン」エンジニア役を演じ、日本武道館・西部球場に続いて帝国劇場のセンターに立った。映画では、代表作であるソフィア・コッポラ監督作品映画「LostInTranslation」で、業界人の特徴をつかんだCMディレクター役を好演し、ビル・マーレイと対峙した。大ヒットピクサー・アニメメーション「トイ・ストーリー」では日本語版主題歌「君はともだち」を担当し、2019年NHK紅白歌合戦にも出演。

木暮”shake”武彦(ギター)
1984年「レベッカ」のギター、ソングライターとしてCBSソニーよりデビュー。2枚のアルバムを制作後、脱退。1986年「RED WARRIORS」で再びデビュー。アルバム4枚を制作、武道館、西武球場などのライヴ活動後、1989年単身渡米。LAで結成し活動した多国籍バンド「CASINO DRIVE」をメインにアルバム3枚を制作し、5年半の音楽活動後帰国。1995年以降、ソロプロジェクト「サイコデリシャス」、「RED WARRIORS」再結成、2003年には富士山麓へ移住し、アートと宇宙をテーマにした「Mt.デリシャス」、地球の自然をテーマにしたアコースティックシリーズ、2013年より始めたピンク・フロイドトリビュート「原始神母」など活動は多岐にわたる。現在のソロプロジェクト「Big Mountain Blue」まで通算28枚のオリジナルアルバムをリリース。

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

ブルーズ・ザ・ブッチャー”Feel Like Going Home”LPレコード・リリースツアー
blues.the-butcher-590213

5月15日(水)

開場19:00
開演19:30
前売4,500円
当日5,000円
別途Drink500円
永井ホトケ隆 vo,g
沼澤尚 dr
中條卓 b
KOTEZ vo,harp



blues.the-butcher-590213
ブルースザブッチャー
永井“ホトケ”隆×沼澤尚×中條卓×KOTEZ=日本屈指のブルーズ・コンボ、ブルーズ・ザ・ブッチャー、記念すべき通算第10作『フィール・ライク・ゴーイング・ホーム』、お待たせしました!のLPリリース!
永井のブルーズの原点ともなるシカゴ・バンド・ブルーズの生みの親、マディ・ウォーターズのナンバーにがっぷり四つで取り組んだ、ほぼ全編マディ・ナンバーによる気概のアルバム。さらに、マディのバンド・スタイルの完成に欠かせない存在だったブルーズ・ハーモニカの革新者リトル・ウォルターの名曲をKOTEZがカヴァー。マディの重厚な楽曲からリトル・ウォルターのキャッチーなナンバーまで、すべてに新たな息吹をもたらしている。節目となる通算第10作を飾るにふさわしい、まさに原点回帰と言える、ブルーズに対する愛情とリスペクトがたっぷりとつまった意欲作。CDには未収録の楽曲を2曲収録(逆にCDでしか聴けない楽曲もアリ)。

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

ブラッチェピヨローズ
5月18日(土)

開場17:30
開演18:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円

無頼BRAI
Jam Rose
極楽ドルチェ
ピヨピヨクラブ



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

KEIKO LEE Club Tour“DUO”
with 野力奏一

5月21日(火)

開場18:30
開演19:00
前売6,500円
当日7,000円
別途Drink500円
※ケイコ・リー オリジナルグッズ付

出演
Keiko Lee (vo)
野力奏一(pf)



Keiko Lee (vo)
1995年のデビュー作「イマジン」以来、ライヴ盤、ベスト盤を含む26枚のアルバムをはじめ、多くの作品をリリース。
存在感のあるヴォーカル・スタイルとディープ・ヴォイスが評判を呼び、共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡り合える歌手」と絶賛され、その即興性と瞬発力にすぐれたパフォーマンスの評価は高い。
CM楽曲、TVドラマ主題歌などオリジナル作曲にも定評があり、多重録音のヴォーカル・アレンジも自ら手掛ける等、多方面にて多彩な才能を発揮し、実力・人気ともにNo.1ジャズ・ヴォーカリストとして国内外でその地位を確立している。

野力奏一(pf)
1957年10月20日生まれ。幼少よりクラシックピアノを学び、その後マイルス、コルトレーン等を聴きジャズにのめり込むようになる。1974年に父親の持っていたフルバンドに参加。1977年に上京、ジョージ川口バンド等でセッションを重ねる。1980年、本多俊之バーニングウェイブ、山下達郎ツアーに参加。1983年、自己のバンド「NORIKI」を結成、アルバムも発表。以降、渡辺貞夫、日野皓正グループのメンバーとして国内外のツアーに参加。阿川泰子、伊藤君子、チャリート等数多くのアーティストのアルバムにピアニスト、アレンジャーとして参加。また森田芳光監督の「キッチン」「おいしい結婚」「ハル」等の映画音楽を担当。その後、鈴木良雄「Bass Talk」、松木恒秀「What Is HIP?」、大野俊三バンド、ケイコリーバンドのピアニスト、アレンジャー、音楽監督としてアルバム、ツアー等で活動、現在に至る。

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

小仏&花園distance
5月22日(水)

開場19:00
開演19:30
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円

小仏
花園distance
岡田ぴサス(key ピアニカ パンダ )
かじ(ba syn)
ミ兵chi (dr)



2009年香川県で結成 2013年?東京で活動 香川県高松発 脳死の主語なしアンサンブル https://twitter.com/messages/media/1769547014692597978

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

水越けいこSPRING LIVE
5月26日(日)

開場15:30
開演16:00
前売5,500円
当日6,000円
別途Drink500



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

Darin Gray/Pak Yan Lau
来日公演
”Trudge Better With Friends"
6月1日(土)

開場16:30
開演17:00
前売5,000円
当日5,500円
別途Drink500円

Darin Gray (Bass)
Pak Yan Lau (sound artist)
Jim O’Rourke (G Computer )
石橋英子(Piano key Ful Computer)




ダーリン・グレ(Bass)
ソロ・アーティスト、精力的なコラボレーター、セッション・ベーシスト、即興演奏家、作曲家、教育者として知られ、25年以上にわたりジム・オルークの頼れるベーシストとして、また長年続いているデュオ、オン・フィルモア(ウィルコのグレン・コッチェと)の片割れとして活動している。 、TWEEDYのツアーベーシストとして(2014-2019)、坂田アキラ&チカモラチのメンバーとして、そしてGrand Ulena、Dazzling Killmen、You Fantastic!、Brise-Glaceのベーシストとして。 Darin のディスコグラフィーには 150 を超えるリリースが含まれています。彼は映画、演劇、ダンス、ラジオ、ポッドキャスト用に作曲し、米国、オーストラリア、ニュージーランド、日本、ブラジル、カナダ、ロシア、ヨーロッパで広範囲にツアーを行っています。 Darin は、Lakland Basses、Aguilar Amplification、GHS Strings、D'Addario Orchestral を支持しています。 厳選されたインタビュー: リサイタルマガジン 2021年 ローリングストーン誌、2017 年 水族館の酔っぱらい、2017 シカゴリーダー、2017 ノイズィ/VICE、2015

パク・ヤン・ラウ (sound artist)
ベルギーに生まれ、香港にルーツを持ち、現在はブリュッセルを拠点とするパク・ヤン・ラウはサウンドアーティスト、即興演奏家、音楽家、作曲家であり、プリペアドピアノ、トイピアノ、シンセ、エレクトロニクス、さまざまなサウンドオブジェクト。電子音響アプローチを巧みに融合させ、彼女は魅惑的な方法でサウンドを探求し、さまざまな音源と詩、魔法、フィネスを融合させます。 彼女のソロ活動は、とりわけ、サイレント・ウォーター・レーベルからリリースされた素晴らしい木製のオブジェ三部作である優れた録音「BOOKS」(2015)に記録されており、シンセサイザー、サンプラー、エレクトロニクスの世界、そしてハーモニクスの世界を3つの異なる部分で探求しています。様々なトイピアノの金属的な低音、そしてプリペアド・グランドピアノの内部が、従来の音を包み込むような緊張感のある音へと変化させます。 彼女の緊密なコラボレーションは、グルービング (Going) や抽象的なテクスチャリング (lauroshilau、Duo Pour 454 Chordes) から、写真家とのクロスメディア プロジェクト (Stills) や影絵劇場 (Le Poisson et La Perle/The Fabulous Choi Sisters) まで、さまざまな方向に広がっています。彼女はダンス シアター、ショート ムービー、サウンド ウォーク、ドキュメンタリー用の音楽を作曲しました。 即興演奏家として、クリス・コルサーノ、坂田アキラ、ダリン・グレイ、山本達久、秋山哲治、メッテ・ラスムッセン、中島理恵、中村利丸、スサーナ・サントス・シルバ、マヌエル・モタ、パオロ・アンジェリ、リン・カシエ、ジョアンなどの素晴らしいミュージシャンと音楽を共有してきた。ロボ、ジョバンニ・ディ・ドメニコ、ノルベルト・ロボ、マチュー・ハ、森重、高岡大輔、マンジャ・リスティック、ライオネル・マルリック、オードリー・チェンなど。 彼女の最近のアルバム「Trudge Lightly」(2020年)は、ベーシストのダリン・グレイとペアを組んだThe Bluest Of Seasレーベルからリリースされました。音楽は幅広の構造的なストリングで展開し、フリー・インプロビゼーションの驚きと電気音響実験のマテリアルな提案をエレガントに組み合わせ、ほとんど映画のような参照と物語の展開のゲームで、不思議なほど親しみやすく、しかし常に新しくて驚くべき魅力的な音の世界を伝えます。 2021年にはいくつかのリリースが予定されており、その中には6人組のアンサンブル作品『Bakunawa』(Cortizonaレーベルより)も含まれる。 Bakunawa はラウのソロプロジェクト Book of Toy の継続です。アンサンブルのために作曲する好奇心と可能性に突き動かされたこの作品では、型破りな楽器編成 (ゴングロッド、おもちゃのピアノ、金属管とハープ、バスドラム、タムの組み合わせ) とエレクトロニクスの繊細な使用の組み合わせを探求しています。アジアの儀式音楽、ミニマル ミュージック (フィリップ グラスとエリアーヌ ラディグ)、アンビエント ミュージックにインスピレーションを得て、彼女は独自の儀式的な音世界を作り上げました。 彼女はヨーロッパ、イギリス、台湾、香港、日本のさまざまなフェスティバルや会場をツアーしてきました。

Jim O'Rourke(ジム・オルーク)
アメリカ「ポスト・ロック」シーンの牽引者
Composer/Producer/mixer/guitar/keyboard/bass
1969年シカゴ生まれ。  
10代後半にデレク・ベイリーと出会い、ギターの即興演奏を本格的に始める。そ の後、実験的要素の強い自身の作品を発表。ジョン・フェイフィの作品をプロ デュースする一方でガスター・デル・ソルやルース・ファーなど地元シカゴのバンド やプロジェクトに積極的に参加。「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、マース・カニンハム舞踏団の音楽を担当するなど、現代音楽とポスト・ ロックの橋渡し的な存在となる。   99年にはフォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『ユリイカ』 を発表。インディーズからのリリースだが、日本でも数万枚を記録。  近年ではソニック・ユースのメンバー兼音楽監督としても活動し、数枚のアル バムに参加、より広範な支持を得る。(2005年末に脱退) 2004年には、"Wilco/A ghost is born"のプロデューサーとして、グラミー賞を 受賞。本国でも現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして、高く評 価されている。ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースしている。 日本文化への造詣も深く、「くるり」のプロデュースを始めとして、坂田明、 ボアダムスとのコラボレーションや、映画監督、若松考二の過去作品の評論など様々な活動を行っている。

石橋英子/EIKO ISHIBASHI
電子音楽の制作、舞台や映画や展覧会などの音楽制作、シンガー・ソングライターとしての活動、即興演奏、他のミュージシャンのプロデュースや、演奏者として数多くの作品やライブにも参加している。ピアノ、シンセ、フルート、マリンバ、ドラムなどの楽器を演奏する。国内ではfelicity、シカゴのレコードレーベルDrag City、ヨーロッパのレーベルBlack TrufflesやEditions Megoからアルバムをリリース。ドイツを代表する映画監督ライナー・ウ゛ェルナー・ファスビンダーの戯曲による演劇「ゴミ、都市そして死」、劇団”マームとジプシー”の東京芸術劇場での公演「ロミオとジュリエット」「ΛΛΛ かえ りの合図、まってた食卓、そこ、きっと」、NHKによる阪神・淡路大震災をテーマ にしたドラマ「あったまるユートピア」、廣木隆一監督映画「夏美のホタル」、金子雅和監督映画「アルビノの木」の音楽を担当。同映画によりシネルファマ・リスボン・インターナショナル・フィルム・アワーズで最優秀音楽賞を受賞した。
2017年、John Duncan、Jim O’Rourke、Joe Taliaと共に国内ツアーを行う。2018年にアルバム『The Dream My Bones Dream』 を発表。家族が遺した写真をきっかけに、自己のルーツである満州の歴史と向き合い作られた。忘れられた歴史を思いながらもセンチメンタリズムやファンタジーを削ぎ落として作品が作られている。耳に残る列車の音は過去と未来を結びつけ、これからの時代の呼び水となっていく。国内でCD、海外でLP盤、配信で発売され、英音楽誌WIREの表紙を飾る他、各雑誌のベストアルバムに選出された。2019年、アニメ『無限の住人-IMMORTAL -」の音楽を担当しサウンドトラックをリリース。
イタリアのチェリストFrancesco Dillonの為に制作した作品が2019年イタリア、シエナのキジアーナ音楽院にて1682年にストラディバリに作られたチェロで演奏された。
2019年5月にフランス国立電子音楽研究所Ina-GRMなどの招聘を受けヨーロッパ7カ国を巡るツアーを行い、6月にタスマニアのフェスDARK MOFOにJoe Taliaと共に出演、11月にバンド(山本達久、Joe Talia)を率いてオランダ、ユトレヒトのフェスLe Guess Who?とベルギー、コルトレイクのフェスSonic Cityに出演した。
2020年1月、シドニーの美術館Art Gallery of New South Walesでの展覧会「Japan Supernatural」の展示の為の音楽を制作、シドニーフェスティバル期間中に美術館にて発表された。
2020年スイスのフェスティバル「Saint Gehetto」に出演予定。
2021年8月、映画「ドライブ・マイ・カー」の音楽を担当しサウンドトラックをリリース。
2022年1月、bandcampでリリースしていた「For McCoy」をBlack TruffleよりLPでリリース。

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

Live album "Triplets" release tour 2024 vol.2
MUGAMICHILL/ムガミチル
6月15日(土)

開場17:30
開演18:00
前売4500円
当日5000円
23歳以下前売1500
当日2000円高校生以下無料

MUGAMICHILL/ムガミチル
中村達也(Ds ex.ブランキージェットシティ)
ナカコーこと中村弘二(G ex.スーパーカー)
ナスノミツル(Bass コンポーザー)



MUGAMICHILL/ムガミチル インプロセッションの延長線上に浮上した色彩感、透明感、アンビエンスを融合し最大限に放出する、 中村達也(ex.ブランキージェットシティ)、ナカコーこと中村弘二(ex.スーパーカー) をフィーチャーし、ナスノミツルがコアを担う新機軸ダークロックユニット。 2016年12月に起動。 2017年より、ライヴ音源をもとに、より抽象的な世界観を構築した「POLAND」「BIRDS」、 オリジナル曲のデモを作品化した「demo edition 1~3」、 中村達也オリジナルiPhone録音にダビングを展開、作品化した 「MUGAMICHILDREN」 シリーズなどCD-R音源を自主リリース。 (最新盤は「MUGAMICHILDREN 3」) また、コロナ禍においても配信ライヴ、ツアーを精力的に展開し、 2022年、満を持してクラウドファンディングによる 4枚組ファーストアルバム「MUGAMICHILL」9月リリース。 7月?10月にかけてHOPE Tour 2022開催。

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

永井龍雲コンサート2024
「春・夏・秋・冬」
6月23日(日)

開場15:30
開演16:00
前売6,000円
当日6,500円
別途Drink500円

桜座 kofu@sakuraza.jp
      チケットぴあhttps://t.pia.jp/ (Pコード:)
      ローソンチケットhttps://l-tike.com/ (Lコード:)
      イープラスhttps://eplus.jp/
      CNプレイガイドhttps://www.cnplayguide.com/
      キャピタルヴィレッジhttps://www.capital-village.co.jp/

永井龍雲(弾語り)



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

水谷浩章Monthly Special
6月24日(月)

開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円
水谷浩章 (b)
小沢咲希 (p)
山崎隼(ds)



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

森山 威男Queentet
7月6日(土)

開場18:00
開演18:30
前売5,000円
当日5,500円
学生2,000円
別途Drink500円

森山 威男(drums)
中山 拓海(saxophone)
魚返 明未(piano)
水谷 浩章(bass)
相川 瞳(percussion)



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

鈴木康博 LIVE 2024
@甲府,桜座
8月17日(土)

開場 15:30
開演 16:00
前売6,000円
当日6,500円
別途Drink500円



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴