貸し小屋規定
(レンタルホール)

フライヤー印刷
furaiya



協力:商工会議所




CD DVD BOOK販売








動画
桜座様子YouTube

Ustream
Live中継





ID sakurazakofu



facebook



貸し小屋規定









































CD DVD BOOK販売







































































CD DVD BOOK販売
















フライヤー印刷
furaiya














































CD DVD BOOK販売
















貸し小屋規定










出演者募集中
















ご予約等連絡、mailはこちらから、
 TEL 090-6155-9628


次回、桜座TVは1月3日18:00を予定しています。


交通情報現在>
電車移動→中央線
バス&車移動
→中央線全線状況


ケン・ヴァンダーマーク(USA)ポール・ニルセン・ラヴ(ノルウェー)DUO
JAPAN 2019デュオ 2019 日本ツアー

KEN VANDERMARK
PAAL NILSSEN-LOVE
o'rourke jim

12月9日(月)

開場18:30
開演19:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円

paal nillsen-love(Ds per)
KenVandermar(Sax)
o'rourke jim(G)




Paal Nilssen-LoveとKen Vandermarkの衝撃的なデュオは、2002年以降、幅広く格別な即興音楽のアルバムを7枚発表してきました。 彼らはPeter Brotzmann Chicago TentetやLean Left (The ExのTerrie Hessels and Andy Moor)、Double Tandem(オランダのサックス奏者 Ab Baars)など、多くの批評家から称賛を受けたグループで活動してきましたがが、創造的なアウトプットの重要性を理由に十数年以上もの間デュオとして戻り続けてきました。Nilssen-LoveとVandermarkは、Smalltown Supersoundレーベルから出した最初のアルバム「Dual Pleasure」のレコーディングからこのコラボレーションをはじめました。しばらくして彼らはMolde International Jazz Festivalではじめてのコンサートを行い、以来、ヨーロッパ、北米、日本で毎年国際的なパフォーマンスを行ってきました。激しいまでの獰猛さ、極端にリズミカルなベロシティ、そしてあらゆるジャンルの自由な組み合わせが彼らのデュオに対するアプローチです。アイデアと実行の両方を魅惑的にする即興音楽へのユニークな行程を創造しています。2019年6月にブラジルでツアーを行い、最近ではデュオの最新アルバム「Screen Off」がコンセプチュアルなブレークスルーとして歓迎されています。彼らは、今年の12月にリリースに合わせて日本でツアーを行います。

ジムオルーク
シカゴのアイルランド系の両親の元に生まれる。
大の親日家。自身のアルバムのジャケットイラストに、漫画家の友沢ミミヨを採用したこともある。アルバム『ユリイカ』のイラストは、恍惚とした表情の全裸の中年男性が小さな小さなウサギちゃんの顔を股間に押しつけているイラストであり、音楽のみならずジャケットの芸術性の面からも非常に印象に残る作品となっている。
手がける音楽はアヴァンギャルド・ジャズ、ノイズミュージック、エクスペリメンタルポップ/ロック、オルタナティヴ、ポストロック、映画音楽など非常に多岐に亘り、ジャンルを特定することは困難。
好きなアーティストとして、ジョン・フェイヒー、ヴァン・ダイク・パークス、デレク・ベイリー、武満徹、小杉武久、高柳昌行、メルツバウ、細野晴臣、加藤和彦、はちみつぱい、金延幸子、ハナタラシ、戸川純、若松孝二などを挙げている。
オルタナティヴ・ロックバンド「ソニック・ユース」、ノイズロックバンド「ガスター・デル・ソル」、「ドラッグ・シティ・スーパーセッション」に在籍。ソニック・ユースでの担当楽器はDebauchery(道楽)。
現在は様々なミュージシャンとセッションに加え、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、前野健太とソープランダーズなどのプロジェクトに参加。またジム・オルーク名義でのライブには、有名ミュージシャンをもじったネーミングのバックバンドとともに出演することが多い(レッド・ゼツリン、マエバリ・ヴァレンタイン、ガマン・ジルベルト、ジェファーソン台車など)

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


小沼ようすけ 沼澤尚DUO
12月10日(火)
開場18:30
開演19:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円



◆小沼ようすけ
14歳でギターを始める。2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。2004年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム"Three Primary Colors"をNyで録音。2010年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。2016年、Flyway LABELを設立。第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、「Jam Ka Deux」をリリース。ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響、経験を音楽に採り入れながら、世界を音で繋ぐ創作活動を続けるギタリスト。GIBSON社、La Bella社、DV Markエンドースメント・アーティスト。エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。
◆沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK,AL.McKAY&L.A.ALL STARS,NED DOHENY,SHIELA E.などのツアー参加をはじめ数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。2000年に帰国してから数えきれないアーティストのレコーディング/ライブに参加しながらシアターブルック,blues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND,NOTHING BUT THE FUNK,Koji Nakamura,臼井ミトン,大貫妙子,河村隆一,大塚愛,MY LITTLE LOVER,加山雄三など様々なシーンで活躍するドラマー。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座JAM SESSION
12月12日(木)
開場19:00
開演19:30
前売1,000円
当日1,500円
別途Drink500円

古谷淳(P)
龍野充(G)
JUNKO(Bs)
大山勲(Ds)


日本だけならず世界各地、そして各方面からユニークなアーティストがライヴやパフォーマンスのため訪れる甲府中心街の桜座で4月からジャムセッションが催されることになりました!対応ジャンルはロック、ポップス、ジャズやファンク、ヒップホップを始めとするブラックミュージック全般、ブルースなどなど。楽器が弾ける方なら誰でも参加可能の愉快なセッションになっております。楽器を始めたばかりの方やセッション初心者の方でもホストバンドがしっかりサポートしますので安心です。もちろん観戦のみの方も大歓迎!様々な情報交換や交流、出会いの場、
そして単純にエンターテイメントとして楽しめる空間にしていこうと思いますので皆様お楽しみに。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


ざぶとん亭風流企画& cafe&bar如月 presents!
「王様のノイズ」発売記念ツアー
3KINGS NOISY CHRISTMAS LIVE @桜座
12月14日(土)
開場18:30
開演19:00
前売 4500円(高校生以下半額)+1drink\500
全席自由・税込 ( 当日 各+300円)

鮎川誠 友部正人 三宅伸治



《前売 予約》
3KINGS@桜座 予約希望として
◯ざぶとん亭風流企画yoyaku@zabutontei.com → お名前、枚数、ご住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。
◯桜座 055-233-2031 http://www.sakuraza.jp
◯cafe&bar如月 055-254-6010 (pm6:00以降)


NYT自主企画イベント
音YT
vol.2
12月15日(日)
開場13:30
開演14:00
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円




090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生未満無料!父兄同伴


アラブ音楽トリオ「アラトゥール」レコ発
常味裕司
12月19日(木)
開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

アラブ音楽トリオ「アラトゥール」
常味裕司(ウード)
秦進一(アラブヴァイオリン)
永田充(ダルブッカ)

ダンサー
鈴木つな、Isis Atsumi、Kiki Himekawa、Suran




常味裕司(ウード) 
1960年、東京生まれ。日本では数少ないウード演奏家。
民族音楽センター(若林忠宏氏主宰)在籍中、アラブ音楽に出会う。
スーダンのウード奏者ハムザ・エル=ディン氏(2006年5月没)のもとで演奏法を学び、89年よりチュニジアへ渡りアラブ世界を代表するウード奏者 故アリ・スリティ氏(チュニス国立音楽院ウード科教授〔2007.4.5没〕)に師事、本格的にアラブ音楽を学ぶ。
93年のチュニジアでは、チュニス国営TV、メディナフェスティヴァルにてチュニジアの若手ウード演奏家モハメッド・ズィン・エル・アービディーン氏と共演。またチュニジアより来日した女性楽団「エル・アズィフェット」(アミナ・スラルフィー主宰)との共演や 2006年春 エジプト・カイロ オペラハウスにて現地ミュージシャンと共にコンサート開催(国際交流基金主催)、2006年末 チュニジア・ドゥースにおける「サハラ・フェスティバル」に参加など、音楽を通した文化・国際交流も盛んに行っている。
日本においては、アラブ・トルコ古典音楽を中心にソロ活動およびアラブ音楽アンサンブルFarha(ファルハ)やArabindia(アランビンディア)などを主宰し、様々な演奏家、舞踊家、パフォーマーと共演。
2007年(4月〜12月)放送のNHKスペシャル【新シルクロード 第2部】の音楽、録音にも携わる。放送大学非常勤講師。
これまでに大阪花博、大阪民族学博物館、浜松楽器博物館、琵琶湖芸術祭、京都建都1200年コンサート、寒河江さくらんぼ祭り、倉敷ハートランド2000、いのちの集い(大倉正之助主宰)、奈良新薬師寺、京都 法然院、戸隠五社奉納演奏、金沢史跡コンサート、古代エジプト文明と女王展コンサート、アレクサンドロス大王と東西文明の交流展コンサート、国連大学、中東学会、地中海学会でのコンサート等、大使館主催コンサート(チュニジア、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、トルコ、ジブチ、オマーン、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール、バーレーン等)での演奏、大使主催晩餐会では、皇太子御夫妻、秋篠宮御夫妻御前演奏を行う。
またシリーズ“オリエンタルから秩父へ”、“ウードと19世紀ギター”、“ウードソロコンサート”では演奏のみならず企画も手掛ける等幅広く活動し、その希有な存在はTV、ラジオ等でも多く取り上げられている。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生未満無料!父兄同伴


桜座年末恒例
渋さ知らズオーケストラ
12月21日(土)
開場16:30
開演17:00
前売4,500円
当日5,000円
別途ドリンク500円

総勢数十名出演?
不破大輔(ダンドリスト)、北陽一郎(tp)、石渡岬(tp)、立花秀輝(as)、松原慎之介(as)、登敬三(ts)、松本卓也(ss)、
鬼頭哲(bs)、RIO(bs)、中根信博(tb)、高橋保行(tb)、山口コーイチ(pf)、石渡明廣(g)、加藤一平(g)、太田惠資(vil)、
小林真理子(b)、渡部真一(vo)、玉井夕海(vo)、柴崎仁志(per)、山本直樹(ds)、藤掛正隆(ds)、東洋(舞踏)、
若林淳(舞踏)、ペロ(dance)、すがこ(お調子組合)、他




Profile
1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。
フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。
芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。
演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。
ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。
FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。
また、「テント渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。
これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


Improvisation Night
12月22日(日)
開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

泉邦宏(Sax 他)
佐野磨呂利王(Sax 他)
臼井康浩(G)
EL CARNAVALOW

他多数調整中

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


大村亘カルテット
12月24日(火)

開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

大村亘(Ds)
古谷淳(P)
古木佳祐(Bass)
池戸祐太(G)




幼少の頃よりアメリカで育ち、その頃よりクラシカルピアノを通じて音楽と触れ合う。青少年時代をオーストラリアで過ごし、高校に進学した時からドラムセットを本格的に学び始める。シドニー大学、シドニー音大ジャズ科に進学し、在学中より国内の素晴らしいミュージシャン達と演奏する機会を得る。中でも著名なのが故Art Blakeyが晩年共にツアー
していたテナー奏者Dale Barlow。氏とは師弟関係にもありながらも、多くのステージやレコーディングも経験した。在豪時にはオーストラリアの若手の登竜門で著名なBilly HydesDrumcraftドラムコンペにおいても優勝し、SABIAN CYMBALともスポンサー契約を結んだ。Jazz, World Music, Pops等ジャンルを問わず多岐に渡る活動を展開する。


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


三上寛LIVE
12月29日(日)
開場18:00
開演18:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円



三上 寛 (みかみ かん)プロフィール
 1950年3月20日青森県北津軽郡小泊村(現・中泊町)に生まれる。67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始める。 69年ライブ活動開始。71年レコードデビュー。タブーな性言語、日本の呪われた風習を題材にした「怨歌」を歌いセンセーショナルを巻き起こし、 日本を代表するフォークシンガーとして確立。デビュー50年・古稀を間もなく迎えて、 青森という土地をバックボーンにパワー溢れる津軽を原風景とした人間の 生き様を歌う自作の唄は、昭和・平成を越えて、新しい令和という時代の津軽民謡なのかもしれない。
 また詩人として詩集やエッセイも著書多数。
 ほかフィールドは広く、俳優(映画「世界で一番美しい夜」 「戦場のメリークリスマス」「トパーズ」などに出演) レポーター(NHK-TV「ふだん着の温泉」)などで活動。


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

40周年記念&バースデイライブ
桑江知子 公演
1月18日(土)
開場14:30
開演15:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

桑江知子.(Vo)
笹子重治.(G)
鬼武みゆき(P)
江藤有希(Vi)



桑江知子(Tomoko Kuwae)
沖縄県泡瀬(現・沖縄市)生まれ福岡市育ち / B型 / やぎ座 / 1月18日生
1979年に発売したデビュー曲「私のハートはストップモーション」が化粧品のCMソングに採用されてブレーク。同年のレコード大賞最優秀新人賞など、数々の賞を受賞。ポップスからラテン、ジャズまで幅広く歌いこなし、近年では、生まれ故郷である沖縄の民謡に取り組み、「琉球民謡コンクール」では、新人賞、優秀賞も獲得。現在は、三線と沖縄民謡をベースにしたオリジナル曲をメインにアルバム制作や、ギターと歌や、ピアノと歌とのデュオユニットを組み、アコースティックなサウンドによるライヴを各地で展開している。
また、2005年には、母校である高校の校名変更の際に、新しく生まれ変わった福岡県立福岡講倫館高校の校歌の作詞・作曲を依頼され、現在も歌い続けられている。2009年、デビュー30周年を迎え、記念シングル、「うんじゅぬ島」をリリース。2013年、デビュー35周年の年に、デビュー曲をセルフカバーして、「私のハートはストップモーション Bossa Nova ver.」をリリース。2019年、デビュー40周年を迎え、三越劇場にて記念コンサートを開催と同時に記念アルバム「Stopmotion」をリリース。


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


『Soundwave Journey in Kofu / 良音美酒 vol.13』
Afro Begue×tsukuyomi
1月19日(日)
開場16:00
開演16:30
前売3000円
当日3500円
別途1drink 500円
振る舞い酒あり
高校生&大学生1000円ディスカウント

出演
■Afro Begue
Omar Gaindefall / Vocal, Djembe
Yusuke Tsuda / Guitar
SuzKen / Bass
Toshiyuki Sasaki / Drums

■tsukuyomi




■Afro Begue
ジェンベ・マスターのセネガル人、オマール・ゲンデファル率いるアフロビートバンド。「アフロベゲ」の「ベゲ」はウォロフ語で「楽しむ」の意味。セネガルに数世代に渡る伝承音楽家(グリオ)であるオマールの伝統音楽と現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。
2014年 1st Album「BEGUE」、2017年にはPlaywrightより2nd Album「SANTAT」をリリース。「ジェンベの神様」ママディ・ケイタ氏来日パーティーで演奏、ママディ氏より高く賞賛される。
また、国内最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZフェスティバル」をはじめ、「アースデイ東京」「すみだストリートジャズフェスティバル」、「中津川 THE SOLAR BUDKAN 」、そして2018年には遂に「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たし、アフロベゲ流の西アフリカ音楽で大観衆を魅了した。
2019年4月にはキャリア初となる7inchシングルを発表、6月には3rd Album「Balko」のリリース。
世界中のダンスフロアで再注目が進むアフリカ大陸全土のダンスミュージックだが、ここ日本でも着実にリスナーを増やしている。日本を代表するアフロビートバンドなることは必至の存在だ。
■tsukuyomi
Sax奏者および作編曲家・庸蔵が自身の楽曲を現実に再生するユニットとして2011年始動。Jazzをベースに、Hip Hop、R&B、テクノ、エレクトロニカ、AOR、レゲエ、ラテン、アフロetcに渡る庸蔵のボーダーレスなセンスが反映したようなジャンルレスかつ独創的な世界観を構築。2014年に1stアルバム『honeymooner』リリース。2018年Playwrightより2ndアルバム『Parallel Tripper』リリース。大岩沙彩(vn)木村イオリ(pf from bohemianvoodoo)丸山力巨(gt from MORE THE MAN)只熊良介(ds from MORE THE MAN)に加え、初の山梨公演ではベースにwater water camelの須藤ヒサシが特別参加。

チケット:各バンド、ロジェ企画、桜座で予約受付
主催、問い合わせ:ロジェ企画
HP:http://rojeroba.web.fc2.com/
Tel:090-7466-9966
mail:rojeroba@gmail.com
090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

大西順子トリオ
1月23日(木)
開場19:00
開演19:30
前売5,500円
当日6,000円
別途Drink500円

大西順子(pf)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)



大西順子:ピアニスト
1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。
1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、ベティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、ミンガス・ビッグ・バンド、ミンガス・ダイナスティらと共演する。1993 年 1 月、デビュー・アルバム『ワウ WOW』』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を
受賞。1994 年 4 月、セカンド・アルバム「クルージン」が米国ブルーノートより発売される。5 月、 NY の名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し、1 週間公演を行う。同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は、スイングジ ャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、出光音楽賞を受賞。1995 年のスイングジャーナル誌読者投票では、<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ>
<ピアノ>の 4 部門を受賞。人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ ミュージシャン・
ブームの先駆けともなるが、2000 年 3 月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。2007 年、多くを語らず活動再開。かつての力強く、グルーヴ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナ
ミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。2009 年 7 月、実に 11 年ぶりのアルバム『楽興の時/Musical Moments』をリリース。11 月にはベルリン・ジャズ・フェスティヴァルに自己のトリオで出演。2010 年 3 月には、『バロック』をニューヨーク・レコーディング。同世代のファーストコールの
ミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。オーチ ャードホールでの CD 参加メンバーによる豪華なコンサートは大きな話題となる。2012 年夏、突然の引退宣言。2013 年9月、クラシックの祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」へ出演。小澤征爾氏の猛烈な誘いに負け、一夜限りの復活とし出演を決める。小澤征爾率いるサイトウ・キネン・オーケストラと大西順子トリオの共演は、この夏の大きな話題となり、素晴らしい反響を呼ぶ。 2015 年 9 月、東京JAZZ へ出演。日野皓正&ラリー・カールトン SUPER BAND のサポート・メンバーとして出演し、その圧倒的な存在感でシーンに復帰を飾る。2017 年 11 月、自身初のバラッド・
アルバム『Very Special』と、レギュラートリオによる『Glamorous Life』を2枚同時リリースし、JAZZ JAPAN AWARD 2017 アルバム・オブ・ザ・イヤー、CD ショップ大賞 ジャズ部門受賞する。 2018 年12 月、レギュラートリオに3 管を据えて録音された最新アルバム、大西順子セクステット『?』を発売。2019 年7月、実に23 年ぶりとなるライブ録音アルバム『Junko Onishi presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO』を発売。
現在も日本を代表するジャズピアニストとして圧倒的な存在感を示している。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

バッファロー・ドーター
wihtフェルナンド・カブサッキ
甲府桜座公演
2月8日(土)
開場18:00
開演18:30
前売3,800円
当日4,300円
別途Drink500円

バッファロー・ドーター
フェルナンド・カブサッキ
Ei Nonaka + pan pot 5 o’clock




090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


今後のscheduleはここよりご覧ください

メールマガジンにて情報をご案内致します。
↓↓
メールアドレス
フライヤー印刷
furaiya

復活桜座宣言 | スタッフ紹介 | 古い「櫻座」 | 次回の公演 | 過去の公演
 お知らせ | 地図 | お問い合わせ | リンク | トップページ

随時更新
Copyright (C) 2005〜 sakuraza. All Rights Reserved.
1-1-7 Chuo koufushi Yamanashi Cty japan 〒400-0032 TEL 090-6155-9628
MAIL:kofu@sakuraza.jp