貸し小屋規定
(レンタルホール)

フライヤー印刷
furaiya



協力:商工会議所




CD DVD BOOK販売








動画
桜座様子YouTube

Ustream
Live中継





ID sakurazakofu



facebook



貸し小屋規定









































CD DVD BOOK販売







































































CD DVD BOOK販売
















フライヤー印刷
furaiya














































CD DVD BOOK販売
















貸し小屋規定










出演者募集中
















ご予約等連絡、mailはこちらから、
 TEL 090-6155-9628


次回、桜座TVは12月4日21:00を予定しています。


交通情報現在>
電車移動→中央線
バス&車移動
→中央線全線状況


小山彰太 音三味
with石田幹雄

11月23日(土)
開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

小山彰太(Ds)
石田幹雄(Piano)




小山彰太(Ds)
1947年北海道生まれ。早大入学と同時にジャズ研に入部し、日夜入りびたる。在学中よりライブ活動を始め、 大友義雄4、高瀬アキ3、板橋文夫3、池田芳夫ニューカルテットを経て、1976年山下洋輔トリオに入団し、 '83年末の解散まで8年間在籍。その後、自己のバンドをはじめ多くのグループに参加。 2013年9月活動の拠点を故郷・札幌に移し、現在は自己のユニット"幽玄郷北方派"や、"T.K.O."を基軸に いろいろと活動の場を広げている。 また、楽旅もかわらず続行。音噺ソロ・ドラム、音三昧デュオ、一期一会セッション、音日和ユニットなどの 活動をしつつ、あちこちを動き回っている次第也。またあのハナモゲラ和歌ヘラハリ派の祖・山章太としても 知れ渡っているはずである、はずである。(小山)

石田幹雄(p) 
1981年生まれ。滋賀県にて育つ。
ピアノを3歳のころからやり始め田所政人氏などに師事。
北海道大学進学と共にJazz研究会に入部。札幌市内のライブハウスなどに出入りしながら腕を磨き、2005年春卒業と共にプロとして活動し始める。
2006年瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)とのトリオで、横浜Jazzプロムナードコンペティションにて、グランプリ市民賞の2つを受賞。これまでに3枚のピアノトリオのCDを、2018年には、初となるバラード中心のソロアルバムを発売。2008年東京に活動の拠点を移す現在定期的に活動しているバンドは、安東昇(b)、藤井信雄(ds)との自己のトリオの他に秋田祐二(b)トリオ『NEGATIVE SON』、後藤篤(tb)4、柳原達夫5(b)、松風鉱(reeds)一4、林栄一(as)3 小山彰太(ds)とのデュオ、などその独特のスタイルから出る音は、種々様々な風景を醸しだす。


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


「Special Collaboration in Kofu」
Elliott Sharp
Japan Tour 2019

11月24日(日)
開場16:00
開演16:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円

エリオット・シャープ(gt.cla)from NY
ジム・オルーク(Laptop,Syn,electronics)

NYアヴァンギャルドシーンの中心人物 エリオット・シャープ7年振り緊急来日!マルチ奏者 ジム・オルークとのスペシャルなDUO。世界的なアーティストによる貴重なライブお見逃しなく!!



■エリオット・シャープ Elliott Sharp
1951年オハイオ州クリーブランド生まれ。作曲家/マルチ・インストゥルメンタリスト/プロデュー サーであり、自身のプロジェクトであるオーケストラ・カーボン、テクトニクス、テラプレーン等を率いる他、ソロイストとして、また多くのアンサンブルやコラボレーションで世界中を精力的にツアーしている。
彼のコラボレーターには、アンサンブル・モデルン、カッワーリーのシンガーであるヌスラット・ファテ・アリ・ハーン、コンピューター・アーティストのペリー・ホバーマン、チェロ奏者のフランシス=マリィ・ウイッティ、ブルース界の大御所であるヒューバート・サムリン、ジャングル・ビートの開拓者DJソウルスリンガー、ジャズ界の巨人ジャック・ディジョネット、ソニー・シャーロック、アーサー・ブライス、アンダーグラウンド・ロック・バンドのペル・ウビュ、ターンテーブル演奏のパイオニアであるクリスチャン・マークレイ、モロッコのジャジューカのマスター・ミュージシャンであるバチャー・アッタール等々、多彩なアーティストが含まれる。彼のオーケストラ曲「Calling」は2002年7月にダルムシュタット音楽祭でラジオ・シンフォニー・オーケストラ・フランクフルトによって演奏され、また同年のリンカーン・センター・サマー・フェスティバルでは、アラブとアメリカのミュージシャンによる共同プロジェクト「アル・マシュレク・オール・スターズ」に作曲家/音楽監督として参加している。
他にも、NBCテレビの番組『NIght Music』で彼の作品「Free Society」が起用された他、「The Salt Mines」「Daddy And The Muscle Academy」等の映画にサウンドトラックを提供し、ナム・ジュン・パイク等の前衛ヴィデオ・アーティストの作品へも楽曲を提供している。また、バーバラ・チャンやフィオラ・テンプルトン等、多くのコレオグラファーのダンス作品のために作曲し、日本の舞踏グループである白桃房や白虎社ともコラボレートしている。インスタレーション作品も数多
くてがけている。

■ジムオルーク
シカゴのアイルランド系の両親の元に生まれる。
大の親日家。自身のアルバムのジャケットイラストに、漫画家の友沢ミミヨを採用したこともある。アルバム『ユリイカ』のイラストは、恍惚とした表情の全裸の中年男性が小さな小さなウサギちゃんの顔を股間に押しつけているイラストであり、音楽のみならずジャケットの芸術性の面からも非常に印象に残る作品となっている。
手がける音楽はアヴァンギャルド・ジャズ、ノイズミュージック、エクスペリメンタルポップ/ロック、オルタナティヴ、ポストロック、映画音楽など非常に多岐に亘り、ジャンルを特定することは困難。
好きなアーティストとして、ジョン・フェイヒー、ヴァン・ダイク・パークス、デレク・ベイリー、武満徹、小杉武久、高柳昌行、メルツバウ、細野晴臣、加藤和彦、はちみつぱい、金延幸子、ハナタラシ、戸川純、若松孝二などを挙げている。
オルタナティヴ・ロックバンド「ソニック・ユース」、ノイズロックバンド「ガスター・デル・ソル」、「ドラッグ・シティ・スーパーセッション」に在籍。ソニック・ユースでの担当楽器はDebauchery(道楽)。
現在は様々なミュージシャンとセッションに加え、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、前野健太とソープランダーズなどのプロジェクトに参加。またジム・オルーク名義でのライブには、有名ミュージシャンをもじったネーミングのバックバンドとともに出演することが多い(レッド・ゼツリン、マエバリ・ヴァレンタイン、ガマン・ジルベルト、ジェファーソン台車など)。


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


小仏インヴィテーションシリーズ「THE WATTS」
11月26日(火)

開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

ユミ・ハラ  Yumi Hara (key, vo, found objects)
クリス・カトラー  Chris Cutler (drums, found objects)
ティム・ホジキンスン Tim Hodgkinson (clarinet, steel guitar, found objects)

小仏 佐野麻呂梨王(sax)藤巻 勝史(g )吉田 俊樹(b )奥山 貴司(dr)




THE WATTSは英国在住の日本人ピアニスト ユミ・ハラ, 元ヘンリーカウのドラマー クリス・カトラー、そして同じく元ヘンリーカウの管楽器奏者ティム・ホジキンスンにより2017年結成されたトリオである。鍵盤楽器、管楽器、打楽器、スティールギターに加え様々な物体を投入し、歌もの、インストルメンタル、ノイズスケープを混ざり合わせ、非常にアブストラクトなフリーリズムから時間感覚が幻惑させられるポリリズム、異拍子同時進行、異テンポ同時進行、そしてピュアグルーヴまでがシームレスに進行していく。
「どこまでが即興でどこまでが作曲された演奏なんだろう?」(Henry Potts)「ある種アヴァン・ロック寄りともいえる独特な雰囲気の硬派なインプロヴィゼーション」(EURO ROCK PRESS)

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座JAM SESSION
11月27日(水)

開場19:00
開演19:30
前売1,000円
当日1,500円
別途Drink500円

古谷淳(P)
龍野充(G)
JUNKO(Bs)
大山勲(Ds)


日本だけならず世界各地、そして各方面からユニークなアーティストがライヴやパフォーマンスのため訪れる甲府中心街の桜座で4月からジャムセッションが催されることになりました!対応ジャンルはロック、ポップス、ジャズやファンク、ヒップホップを始めとするブラックミュージック全般、ブルースなどなど。楽器が弾ける方なら誰でも参加可能の愉快なセッションになっております。楽器を始めたばかりの方やセッション初心者の方でもホストバンドがしっかりサポートしますので安心です。もちろん観戦のみの方も大歓迎!様々な情報交換や交流、出会いの場、
そして単純にエンターテイメントとして楽しめる空間にしていこうと思いますので皆様お楽しみに。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

泉邦宏SOLO LIVE
11月28日(木)
開場19:00
開演19:30
予約2000円
当日2500円
別途Drink500円

泉邦宏(Sax Ds G Vo 尺八etc.)



サックス吹きであり歌い手であり作曲家であり、まあかっちょよく言えばマルチプレイヤー泉邦宏の近況や、キタカラレコードの作品発表とか、します。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


MATTEO LEONE live in JAPAN
11月29日(金)
開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円必要

MATTEO LEONE=マッテオ・レオーネ
(イタリアン・ブルース ギタリスト、ヴォーカル)



Profile
イタリア・サルデーニャ島出身、1987年生まれ。  島の伝統音楽を愛する家庭に生まれ育ち、幼い頃からパーカッションを奏でる。  アフリカ(マウリタニア)に移り、その技術を磨き音楽才能を開花させる。イタリア・ボローニャを訪れた際、アヴァンギャルド・ジャズの世界に魅了される。しばらくヨーロッパ各国を巡りサルデーニャに戻ると、カリアリ国立音楽院でジャズドラムを専攻。卒業後、音楽活動を展開する中でブルースに影響を受け、ギターを奏でる。  アフロ・アメリカンの悲劇的な歴史とスピリチュアルを学ぶうちに出身地サルデーニャでの過去 の悲劇や移住民の文化と重なり、それがマッテオ独特の深みと色彩溢れるスタイルを作り上げた。 2016 ヴォーカルとのデュオ、ドン・レオーネを結成 / 2017イタリアン・ブルースチャレンジ4位 / 2018 イタリアン・ブルースチャレンジ最優秀賞 / 2018インターナショナル・ブルース・チャレンジ10位 / 2018ヨーロッパ・ブルースチャレンジ(ノルウェー)4位 / 2019.2ディスク「スカットレッド・ハウスブルース」発売

主催:エジスト・プロジェクト

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


水越けいこLIVE
11月
30日(土)

開場16:00
開演16:30
前売4,500円
当日5,000円
別途Drink500円



水越けいこプロフィール
1954 年山梨県生まれ。
1977 年TBS「8 時の空」にレギュラー出演。全国に認知される。
1987 年「しあわせをありがとう」でデビュー。
1979 年「ほほにキスして」がヒット。全国でコンサート活動を行う。
その後、22 枚のアルバム、シングル、ベストアルバムなどリリース。
アルバム「Re:I Love You」リリース予定。
出産を機に一時活動を休止していたが1997 年に活動を再開し、
2019 年現在はライブ活動、ディナーショー、講演会&ミニアコース
ティックライブなどで活動中。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


「The Show To You Live Tour 2019」
JILLE 公演
12月1日(日)
開場16:30
開演17:00
前売5,000円
当日5,500円
別途Drink500円




宮崎県西都市出身。広大な牧場(畜産農家)を営む家の長女として生まれる。幼い頃から英語教育に熱心だった母親の影響により、サウンドオブミュージックやカーペンターズ、ABBAを始め、洋画や洋楽に触れる。小学校高学年に入るとホイットニーヒューストン、マライアキャリーに影響を受け英語の勉強を始める。中学、高校と市や県主催の各英語弁論大会で優勝し、高円宮杯全国英語弁論大会では、2年連続出場をはたした。英語教師になるべく大学に進学するが夢を諦めきれず、退学。そして単身LAへ。オーディションに落ち何もできないまま本場の偉大さを感じ1ヶ月で帰国。その後、本格的に日本での音楽活動を開始。2011年インディーズ活動中に国籍、性別をふせシルエット動画として、英詞カバー楽曲(AKB48「フライングゲット」)などをYouTube上にアップし、わずか1カ月で再生数200万回を突破。SNSを中心に驚異的なスピードで世界中から”ダイヤモンド・ヴォイス”として注目を集め、2012年7月に英語カバーアルバム「I AM GILLE.」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。新人アーティストとしては異例の15万枚を突破し、2012年オリコン年間アルバム売上枚数ランキング 新人部門1位を獲得する。2015年「第五回香港アジアポップミュージックフェスティバル」(アジア8ヶ国・地域から各国から選ばれた1組の新人アーティストが参加し、「スーパーノーバ賞」等の賞を競うコンテスト)に、日本新人代表として出場。日本人初となるグランプリを獲得。更に、ボーカルパフォーマンス賞とステージパフォーマンス賞も獲得し、グランプリである「スーパーノーバ賞」を含め3冠に輝き、大会初の大快挙を遂げる。英詞でのカバー曲の他、オリジナル曲も多数手掛け、地元西都市の応援ソングやNTTドコモ〜Try Again〜CMソングなどに起用される。県からみやざき大使に、地元宮崎県西都市よりふるさと特命大使に任命され、市が推進している移住定住プログラムに参加し、オリジナル『HomeTown』を楽曲提供。
2016年、本格的に世界を視野に動き出すことを掲げ『JILLE』と改名。2017年からJILLE率いるピアノ、チェロ、ヴァイオリンの4人構成『STORYTELLER』での活動も開始。音楽と物語を融合させて日常の幸せを「唄い語る」新しいスタイルのパフォーマンスは各地で好評を得る。2018年は鎌倉、そして宮崎オルブライトホールで公演。“Canon医療シリーズ広告TVCMソング”にJILLE楽曲「lalala(ラララ)」が起用される(2018年4月より公開中)。初のレコーディングライブ「JILLE THE LIVE」を開催。9月からアルバム先行して4タイトル「PINK SUN」「ROOM」「#JJ」「lalala」を配信スタート。

2019年1月30日渋谷にて、アコースティックNew Years Live2019を開催。チケットも即完し大好評に終わる。同会場にて5月31日JILLE Original Album「31」リリースパーティを開催決定 。3月、福岡アジアコレクションに出演。

アルバムツアー「JILLE The Show To You Live Tour 2019」は東京FMホールを皮切りに全国6カ所(東京10/16・広島11/8・愛知11/9・福島11/30・山梨12/1・福岡12/6 )公演予定。


主催Jille & Co
協賛霧島酒造 株式会社
協力株式会社 MOTTO
チケットプレイガイドe-plus(先行)、一般その他
メ−ルにて予約受付中
090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


山田穣カルテット
12月2日(月)
開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円


山田穣(as ss)松本茜(p)
千北祐輔(b)高橋徹(ds)



プロフィール
山田 穣 Joh Yamada (Alto Saxophone)
1968年10月27日生まれ
12歳からアルトサックスをはじめ
故 前川元氏(元シャープス&フラッツ) Daniel Banks氏に師事
1989年にバークリー音楽院に一年のみ在籍し
ビル・ピアース、ジョー・ビオラに師事する
ロイ・ハーグロ−ブ、アントニオ・ハートらとの共演を経験し 90年に帰国  
益田幹夫氏との共演を経て
大坂昌彦、原朋直、嶋友行らとともに椎名豊クインテットに参加
本格的にプロミュージシャンとしての活動にはいる
その後、原・大坂クインテット録音にゲスト参加
小林陽一&Good Fellasに加入
秋吉敏子氏、日野皓正氏、故 日野元彦氏、本田竹広氏、峰厚介氏、
向井滋春氏、宮之上貴昭氏、大西順子氏、など
数多くのミュージシャンと共演を重ねる
1996年、ハイネケンジャズコンペティションにて優勝
初リーダー作「Bluestone」を発表
更に1998年には2作目の「In The Pleasant Shade」を発表
スイングジャーナル誌のアルトサックス部門で1998年から2001年まで
3年連続人気投票一位を獲得。
椎名豊(p)荒巻茂生(b)原大力(ds)との自己のカルテットを結成し、
2000年末まで活動を続けた
他にも野口久和 Orchestra、正清泉トリオ、荒巻茂生グループ、
植松良高&Friends、北川潔トリオ等に参加する
現在は松本茜(p)小林航太朗(b)高橋徹(ds)というメンバーで
都内のジャズクラブを中心にライブ活動を行っている

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


木津かおりとthe民謡 vol.13
民謡温故知新〜甲州編

12月3日(火)
開場18:30
開演19:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

メンバー:
木津かおり(唄・ごったん)
岡部洋一(パーカッション)
太田惠資(ヴァイオリン)



昨年5月大反響を呼んだ「民謡広場」で、未来や世界級の民謡の姿を提示した、「木津かおりとthe民謡」の単独甲府公演です。
民謡の伝統を重んじながら楽器にこだわらない、見据える先の世界に民謡の魅力を再発見してください。


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


プログレバンド
Us Jsme Doma live
12月6日(金)
開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円


Us Jsme Doma 4人編成



Us Jsme Doma
はチェコ共和国プラハ出身のプログレッシブロックバンドで、元々は1985年にチェコの国境の町Tepliceで結成されました。 引用されている音楽的影響には、住人、ダムド、エッバ・グロン、ペール・ウブ、ウリア・ヒープ、オメガ、そしてロック・イン・オブ・ポジション運動が含まれます。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


「大人になれない大人のROCK’N PARTY vol.7」
月はどっちにでている

12月7日(土)
開場17:30
開演18:00
前売1,500円
当日2,000円
別途Drink500円

FULL NOISE from博多
UZUもひろ
KKK(北口軽音楽倶楽部)
RYOKO




090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


HISASHI Special Trio
12月8日(日)

開場18:30
開演19:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

HISASHI(voice),
三好“3吉”功郎(g)
ヤヒロトモヒロ(perc)



HISASHI Special Trioプロフィール
〜ワンアンドオンリーなヴォーカルスタイルと4オクターブ近い音域の歌唱力、HISASHIが
凄腕プレイヤー、三好“3吉”功郎(g)、ヤヒロトモヒロ(perc)と繰り広げるスペシャルライヴ〜

HISASHI(ヴォーカル)http://www.entercreation.com/hisashi/
大学時より米軍基地や国内外でのジャズ・スポット等で歌手活動を開始。そのワンアンドオンリーなヴォーカルスタイルと4オクターブ近い音域を駆使した独自の歌唱は、清水靖晃氏、村上“ポンタ”秀一氏、吉野弘志氏、ヤヒロトモヒロ氏等々…日本を代表する数々のミュージシャンとの共演を通し高く評価され、かのグラミー賞歌手クレオ・レーンからも絶賛される。一貫した自身の美意識を軸に幅広い歌手活動を展開している。又、様々なアーティストとのセッション活動の傍ら、映画、演劇、CM等の作詞、作・編曲も手掛ける(劇団民藝『星の牧場』、JTB『キャンペーンソング』、『TOYOTA CUP サッカー』等々)。
さらには、NHK内において、長年子供の歌唱指導・ミュージカル作品の音楽監修へ携わり、指導した子供達の数も延べ数百人以上という経験と実績をもつ。2010年春、10人のピアニストと10曲のデュオという稀有な企画のオリジナル・アルバム『10 FRAGMENTS』を全国リリース。2019年待望のアルバムをリリース予定。

Miyoshi ‘sankichi’ Isao/三好“3吉”功郎(ギター)http://sankichi.fun/
83年上京後、本田竹広ネイティブサン、梅津和時シャクシャイン、ポール・ジャクソングループ等、様々なグループで活躍した後、'95年 村上”ポンタ”秀一(ds)と共に結成した「3吉・ポンタUNIT」で初リーダーアルバム「サンキチズム」をリリース。このアルバムはジャズギターの概念を破る傑作と各方面より絶賛される。その後もコンスタントにリーダー作を発表。海外公演も数多く、各地で好評を博している。
現在は自身の活動に加え、絢香、JUJU、辛島美登里、国府弘子(p)、本田雅人(sax) 等のツアー、レコーディング等で活躍。また2002年以降、矢沢永吉、森山良子のツアーにはギタリスト兼バンドマスターとして長年参加、現在にいたる。まさしく現在の日本ギタリスト界を代表するミュージシャンの一人である。

Tomohiro Yahiro/ヤヒロトモヒロ(パーカッション)http://www.tomohiro-yahiro.com/
少年時代をカナリア諸島で過ごした異色の打楽器奏者。山下洋輔、向井滋春、板橋文夫、梅津和時等、多くのジャズ界を代表する音楽家との共演の他、伝説のアフロファンクバンド「じゃがたら」や「エスケン&ホットボンボンズ」のレギュラ−サポ−トを務める。「武満徹メモリアルコンサート」では、渡辺香津美、coba、鈴木大介と共にカーネギーホール等に出演。2010年からサイトウ・キネン・フェスティバル松本に3年連続出演。2016年ウーゴ・ファトルーソpfとのDuo「ドス・オリエンタレス」はウルグアイで在外公館長表彰受賞。2017年、2018年Pablo Zieglerの日本公演ツアー、渡辺香津美、沖仁の公演、岡本博文率いる「Okamoto Island」ツアーに参加する。金子飛鳥vlとの日亜混成バンド「GAIA CUATRO」、Dos Orientales、アルゼンチンのシンガーソングライター、フロレンシア・ルイスとの「flOr & The VinMush」、タイロン橋本vo,gとの「The Unforsaken」、2019年新星歌姫CHIKOとの活動を開始する等、多岐にわたり活躍中。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


ケン・ヴァンダーマーク(USA)ポール・ニルセン・ラヴ(ノルウェー)DUO
JAPAN 2019デュオ 2019 日本ツアー

KEN VANDERMARK
PAAL NILSSEN-LOVE
o'rourke jim

12月9日(月)

開場18:30
開演19:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円

paal nillsen-love(Ds per)
KenVandermar(Sax)
o'rourke jim(G)




Paal Nilssen-LoveとKen Vandermarkの衝撃的なデュオは、2002年以降、幅広く格別な即興音楽のアルバムを7枚発表してきました。 彼らはPeter Brotzmann Chicago TentetやLean Left (The ExのTerrie Hessels and Andy Moor)、Double Tandem(オランダのサックス奏者 Ab Baars)など、多くの批評家から称賛を受けたグループで活動してきましたがが、創造的なアウトプットの重要性を理由に十数年以上もの間デュオとして戻り続けてきました。Nilssen-LoveとVandermarkは、Smalltown Supersoundレーベルから出した最初のアルバム「Dual Pleasure」のレコーディングからこのコラボレーションをはじめました。しばらくして彼らはMolde International Jazz Festivalではじめてのコンサートを行い、以来、ヨーロッパ、北米、日本で毎年国際的なパフォーマンスを行ってきました。激しいまでの獰猛さ、極端にリズミカルなベロシティ、そしてあらゆるジャンルの自由な組み合わせが彼らのデュオに対するアプローチです。アイデアと実行の両方を魅惑的にする即興音楽へのユニークな行程を創造しています。2019年6月にブラジルでツアーを行い、最近ではデュオの最新アルバム「Screen Off」がコンセプチュアルなブレークスルーとして歓迎されています。彼らは、今年の12月にリリースに合わせて日本でツアーを行います。

ジムオルーク
シカゴのアイルランド系の両親の元に生まれる。
大の親日家。自身のアルバムのジャケットイラストに、漫画家の友沢ミミヨを採用したこともある。アルバム『ユリイカ』のイラストは、恍惚とした表情の全裸の中年男性が小さな小さなウサギちゃんの顔を股間に押しつけているイラストであり、音楽のみならずジャケットの芸術性の面からも非常に印象に残る作品となっている。
手がける音楽はアヴァンギャルド・ジャズ、ノイズミュージック、エクスペリメンタルポップ/ロック、オルタナティヴ、ポストロック、映画音楽など非常に多岐に亘り、ジャンルを特定することは困難。
好きなアーティストとして、ジョン・フェイヒー、ヴァン・ダイク・パークス、デレク・ベイリー、武満徹、小杉武久、高柳昌行、メルツバウ、細野晴臣、加藤和彦、はちみつぱい、金延幸子、ハナタラシ、戸川純、若松孝二などを挙げている。
オルタナティヴ・ロックバンド「ソニック・ユース」、ノイズロックバンド「ガスター・デル・ソル」、「ドラッグ・シティ・スーパーセッション」に在籍。ソニック・ユースでの担当楽器はDebauchery(道楽)。
現在は様々なミュージシャンとセッションに加え、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、前野健太とソープランダーズなどのプロジェクトに参加。またジム・オルーク名義でのライブには、有名ミュージシャンをもじったネーミングのバックバンドとともに出演することが多い(レッド・ゼツリン、マエバリ・ヴァレンタイン、ガマン・ジルベルト、ジェファーソン台車など)

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


小沼ようすけ 沼澤尚DUO
12月10日(火)
開場18:30
開演19:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円



◆小沼ようすけ
14歳でギターを始める。2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。2004年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム"Three Primary Colors"をNyで録音。2010年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。2016年、Flyway LABELを設立。第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、「Jam Ka Deux」をリリース。ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響、経験を音楽に採り入れながら、世界を音で繋ぐ創作活動を続けるギタリスト。GIBSON社、La Bella社、DV Markエンドースメント・アーティスト。エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。
◆沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK,AL.McKAY&L.A.ALL STARS,NED DOHENY,SHIELA E.などのツアー参加をはじめ数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。2000年に帰国してから数えきれないアーティストのレコーディング/ライブに参加しながらシアターブルック,blues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND,NOTHING BUT THE FUNK,Koji Nakamura,臼井ミトン,大貫妙子,河村隆一,大塚愛,MY LITTLE LOVER,加山雄三など様々なシーンで活躍するドラマー。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


ざぶとん亭風流企画& cafe&bar如月 presents!
「王様のノイズ」発売記念ツアー
3KINGS NOISY CHRISTMAS LIVE @桜座
12月14日(土)
開場18:30
開演19:00
前売 4500円(高校生以下半額)+1drink\500
全席自由・税込 ( 当日 各+300円)

鮎川誠 友部正人 三宅伸治



《前売 予約》
3KINGS@桜座 予約希望として
◯ざぶとん亭風流企画yoyaku@zabutontei.com → お名前、枚数、ご住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。
◯桜座 055-233-2031 http://www.sakuraza.jp
◯cafe&bar如月 055-254-6010 (pm6:00以降)



NYT自主企画イベント
音YT
vol.2
12月15日(日)
開場13:30
開演14:00
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円




090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生未満無料!父兄同伴


桜座年末恒例
渋さ知らズオーケストラ
12月21日(土)
開場16:30
開演17:00
前売4,500円
当日5,000円
別途ドリンク500円

総勢数十名出演?
不破大輔(ダンドリスト)、北陽一郎(tp)、石渡岬(tp)、立花秀輝(as)、松原慎之介(as)、登敬三(ts)、松本卓也(ss)、
鬼頭哲(bs)、RIO(bs)、中根信博(tb)、高橋保行(tb)、山口コーイチ(pf)、石渡明廣(g)、加藤一平(g)、太田惠資(vil)、
小林真理子(b)、渡部真一(vo)、玉井夕海(vo)、柴崎仁志(per)、山本直樹(ds)、藤掛正隆(ds)、東洋(舞踏)、
若林淳(舞踏)、ペロ(dance)、すがこ(お調子組合)、他




Profile
1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。
フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。
芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。
演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。
ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。
FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。
また、「テント渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。
これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


バッファロー・ドーター
wihtフェルナンド・カブサッキ
甲府桜座公演
2月8日(土)
開場18:00
開演18:30
前売3,800円
当日4,300円
別途Drink500円

バッファロー・ドーター
フェルナンド・カブサッキ
Ei Nonaka + pan pot 5 o’clock




090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


今後のscheduleはここよりご覧ください

メールマガジンにて情報をご案内致します。
↓↓
メールアドレス
フライヤー印刷
furaiya

復活桜座宣言 | スタッフ紹介 | 古い「櫻座」 | 次回の公演 | 過去の公演
 お知らせ | 地図 | お問い合わせ | リンク | トップページ

随時更新
Copyright (C) 2005〜 sakuraza. All Rights Reserved.
1-1-7 Chuo koufushi Yamanashi Cty japan 〒400-0032 TEL 090-6155-9628
MAIL:kofu@sakuraza.jp